HOME>ホットトピックス>局部麻酔をしてくれるので、痛みを感じることはありません

目次

黒目の部分に瞼が被っている状態です

眼

眼瞼下垂は黒目の部分に、瞼が被っている状態なので、視界が狭く、目が開きにくいので悩んでいる人が多いです。放置をしておくと、肩こりや首の痛み、眼精疲労などの原因になってしまいます。眼瞼下垂はハードコンタクトレンズを長期間使用していたり、加齢などが原因で起こります。眠たそうに見えたり、額にしわが出来るので悩んでいる人も少なくありません。日常生活で支障が出ている場合は、保険適用の治療が受けられます。

日帰りで手術が受けられます

鏡を見る女性

眼瞼下垂の治療は外科手術を行い、目頭や目尻に沿って切開をして、瞼を開きやすくします。局部麻酔をしてくれるので、手術中は痛みを感じることはありません。日帰りで治療が受けられますし、施術時間も60分程度で終わります。

専用の糸を使って縫合をします

眼瞼下垂の手術を受けた後は、多少の腫れが見られますが、一週間ぐらいを経過すると目立たなくなってきます。髪の毛よりも細い糸で縫合をしてくれるので、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。2、3週間を経過したら、抜糸が必要です。

視界が広くなって、眼精疲労を軽減できる

眼瞼下垂の手術を受けることで、ぱっちりした目元になれますし、視界も広くなり、眼精疲労も軽減してきます。眼瞼下垂の手術を受けた後は、翌日からメイクが出来ます。肩こりや首の痛みも改善するので、体調も良くなってきます。繊細な高い技術が必要な治療法なので、症例数を多く取り扱っている美容外科のクリニックがお勧めです。保険適用が受けられるので、費用を抑えた治療が受けられます。

広告募集中